掲示板で誹謗中傷すると逮捕されるのか?

インターネット上の掲示板はたくさんあります。もっとも有名なのは、2ちゃんねるでしょう。
また、Yahoo知恵袋や教えてgooなども、この掲示板に当てはまります。
また、会社に関係するものとしては、転職系の掲示板や、業界系の掲示板があります。
誰もが、気軽に書き込めるこれらの掲示板ですが、これらの掲示板に誹謗中傷となる情報を書き込んだ人が、逮捕されることはあるのでしょうか。

結論を始めに言うと、その可能性は十分にあります。
ネット上で他人を誹謗中傷する行為は、犯罪に当たる場合が多くあります。
具体的には刑法230条第1項の名誉毀損罪や、刑法231条の侮辱罪といった犯罪に当たる可能性があります。
これらの犯罪は、罰金や科料といったお金で済む刑罰だけでなく、懲役や拘留といった身体を拘束される重い刑を課される可能性もある犯罪行為です。
ネット上で、匿名だから、責任を追及されることはないという甘い考えで、悪質な誹謗中傷を投稿している人もいるかもしれません。

しかし、告訴などにより捜査が始まると、警察からの捜査令状に基づいて、プロバイダーは捜査に必要な個人情報を提供することになります。
ですから、捜査が始まれば、投稿をした個人を特定するのは難しいことではありません。

具体的にどのような書き込みが逮捕されるの?

具体的にどのような書き込みが刑法上の名誉毀損罪や侮辱罪に当たり、逮捕されることになるのでしょうか?

まず名誉毀損罪から考えましょう。
刑法230条第1項では「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損」することと規定されています。
不特定多数の人が目にすることのできるところで、他人の社会的な評価を損なうような行為がこれに当たります。
事実であれば、問題はないと勘違いをしがちですが、規定にあるように、事実であっても社会的評判を落とすような投稿であった場合には、犯罪として逮捕されることがあるのです。
刑法231条にある、侮辱罪に関しては、「公然と人を侮辱」することと規定されています。
その内容は、事実でないことや、抽象的で漠然としたものでも、関係ありません。
ですから、名誉毀損罪に当てはまらなくても、ネット上のほとんどの悪口はこの侮辱罪に当たると言えます。ネット掲示板での誹謗中傷は匿名性の高さなどから、軽く考えている人もいます。
しかし、もし、相手の目に触れ、その相手が告訴のような法的な行動を起こしたときには、自分の社会的評価を下げるような重大な事態を招く可能性があることを理解しなければなりません。


PAGE TOP