yahoo関連キーワードとgoogleサジェストの違いとは?

yahoo、google、2つの機能の大きな違い

yahoo関連キーワードとgoogleサジェストの違いは、yahoo関連キーワードは実際に検索エンジンでよく検索されているキーワードのことです。
Googleサジェストの場合は、入力候補として示されるもので、検索ボリュームにかかわらず、表示されてしまうものです。
そのため、この2者は似ているようですが、その構造というか、もともと、実際に検索された数としてみれば大きな違いがあるというわけです。

ネガティブワードとの関連付けを削除依頼

そのため、それぞれの検索ツールでネガティブなキーワードが関連付けられていた場合には削除依頼を出せば双方削除できることが多いですが、yahooのほうは、それだけ検索されていることが多いですので、少し問題かもしれません。

一定の個人や法人が悪い言葉に関連付けられているということは、それで検索して、それでその後、匿名の掲示板などに到着することが多いからです。

そうなると関連キーワード、サジェストワードを削除する、また逆SEOなどを行う、その他、それぞれの掲示板やSNSなどでの削除依頼を出してみるなど非常に多くの労力を費やすことになります。

まずは具体的に、早く行動を起こすこと

まずはその関連キーワードやサジェストがなぜ表示されるようになったのか気になりますが、原因を特定することは非常に大変なので、一つ一つ削除依頼をして地味に解決していく、そして早めに対策をしていくことが大事です。

もし個人や法人だけで解決できそうもない場合には、専門の業者に相談したり、弁護士へ相談したりすることも必要かもしれません。
なにもしてないと、どんどん情報が拡散して、悪いキーワードに関連付けられた情報が知らないところに流れていってしまいます。

自分が知らない第三者が自分のことを特定して噂をしているなんて、かなり気分が悪いですし、根も葉もない嘘や中傷の場合でも、自分や会社がどんなに否定してもそのことが理由で炎上してしまえばますます拡散してしまいます。

ネット対策はだからかなり難しいと覚悟しましょう。
しかしながら全く泣き寝入りすることもなく、ある程度の初期対策をしておけば、それ以上の被害を避けることができます。
まずは冷静になって、自分のできることをする、そして手に負えないようであれば専門の人の力を借りる、ステップバイステップの対処が必要となってくるでしょう。

ネットリテラシーの重要性

ネット社会から身を守るために、普段からネットリテラシーを高めて、いつも快適にネットが利用できるように、自分なりに対策、自分や会社を守れるように、いつでも準備しておくことが大事なのです。


PAGE TOP